FC2ブログ

健康覚書

健康覚書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マールブルグ病(出血熱)も落ち着いてないのに、またエボラ出血熱が発生しました

コンゴでエボラ出血熱が発生、11人発症し9人死亡  日経

コンゴで再びエボラ出血熱の流行が始まった。世界保健機関(WHO)は5月18日、コンゴ共和国中西部Cuvette Ouest郡のMbomo地域とEtoumbi地域で11人がエボラ出血熱に発症、このうち9人が死亡したと伝えた。11人のうち、1人のエボラウイルス感染が確認され、残り10人は疫学的な接触が確認されている。2地域では81人の接触者について追跡が行われている。
 アフリカでは、コンゴ共和国南部に国境を接するアンゴラで類縁の疾患であるマールブルグ病(出血熱)の流行が続いている。こちらは今年3月末に流行が始まって以来、5月18日までに337人が発症し、311人が死亡している。感染者のほとんどはアンゴラのUige郡で発生しており、今のところ、国外への拡大は起きていない。マールブルグ病を引き起こすマールブルグウイルスはエボラウイルスと同じ科に属する。臨床症状もほぼ同一とされる。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/20(金) 01:40:18|
  2. 病気|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<診断基準があってもその解釈がバラバラでは | ホーム | エイズは人事ではない>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dextromethorphan.blog6.fc2.com/tb.php/78-5307b8cd
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

健康覚書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。