FC2ブログ

健康覚書

健康覚書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アストラゼネカ「点滴用キシロカイン10%」販売中止

投薬ミス多発の不整脈治療薬、メーカーが販売中止 朝日

 販売中止となったのは、アストラゼネカ社が製造・販売する「点滴用キシロカイン10%」。不整脈治療用のキシロカインには、使用時に希釈して点滴投与する「10%」製剤と、心不全などの緊急時に投与する静脈注射用の「2%」製剤の2種類があり、ともに1976年の販売開始以来、医療現場で広く使われてきた。
 しかし、数年前から取り違え事故が相次いで表面化。本来は2%製剤を投与すべきところを、誤って10%製剤を投与された患者はショック状態に陥り、2003年以降、静岡や京都、神奈川などで死亡事故が相次いだ。今年2月には、二つの薬を取り違えた都内の大学病院の医師が業務上過失致死罪で略式起訴された。
 こうした事態を受け、同社は、10%製剤のラベルに「点滴専用」と大きく書き記すなど4回にわたってミス防止策を実施。各病院でも10%製剤を病棟に置かないなどの対策を打ち出したが、取り違え事故はなくならず、同社は「これ以上、手の打ちようがない」として、販売中止を決めた。
 ただ、キシロカインには、がんの痛みを緩和する効果があるとされ、ホスピスなどでも10%製剤が使われている。このため、緩和ケアで使う場合に限り、同社は特例措置として今年9月末まで販売することを決めた。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/14(土) 09:37:18|
  2. 健康|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カルシウムは大腸ガンを予防するのか? | ホーム | 飲むなよ、コーラ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dextromethorphan.blog6.fc2.com/tb.php/59-62b03402
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

健康覚書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。