FC2ブログ

健康覚書

健康覚書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ガンに効くのでしたら、ぜひ臨床を

「がんに効く」と無許可販売容疑、社長ら5人逮捕 朝日

 「がんに効く」と効能をうたって粉末商品や飲料を無許可で販売したとして警視庁は26日、化粧品・健康食品販売会社「日本花ヴェール健康学センター」(東京都渋谷区)の社長足立和子容疑者(66)と飲料製造販売会社「健草」(鹿児島県)の会長有島達治容疑者(77)ら5人を薬事法違反(無許可販売など)の疑いで逮捕した。同庁は、粉末商品と飲料の売り上げは5年間で約12億円に上るとみている。
 生活環境課などの調べでは、足立容疑者らは医薬品販売業などの許可がないにもかかわらず、昨年夏までの2年余に、ダイレクトメールなどで効能をうたった粉末商品「貼りっ粉」と、漢方薬を含む清涼飲料を千葉県の主婦(37)ら13人に計約272万円で売った疑い。貼りっ粉の原料は植物の乾燥粉末と卵白で医薬品成分は含まれていないが、薬事法では効能をうたって売れば医薬品とみなされる。
 足立容疑者自ら患者や家族と面談し、「(がんに)間違いなく効く」などと説いて購入を勧めていたという。
 足立容疑者は朝日新聞の取材に「効能は客が別の客に口コミで伝えているだけで自分たちは言っておらず、捜査されるのは心外だ」などと話していた。


当然、いきなり逮捕と行ったわけではなく、しっかり家宅捜査して裏付けなども取ってるようです。

「がんに効く」と無許可販売、東京の化粧品会社を捜索 2004 11.26 合同庁舎5号館
「がんに効く」と商品販売 薬事法違反容疑で会社捜索(2004年11月26日)

「貼りっ粉」は、卵白や小麦粉などを粉末にした商品で、水に溶かして体に塗って使う。1か月分で2万9400円。



貼りっ子はもう販売してませんでしたが、本はまだ買えるようですね。
一応、お客様の健康をあずかる人間である以上、いくら口コミで効能が針小棒大に伝えられてても、売るときにしっかりお客様のお話しを聞き、商品の適応外であったなら売らないのが本当でしょう。
まあ、天に唾吐いてるかもしれませんが。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/27(水) 01:51:19|
  2. 事件・事故|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<安部英 死亡 | ホーム | 条件付きトクホ>>

コメント

貼りっ子と桂寿で完治した乳癌

1999年中野共立病院で左乳房の癌告知。リンパ節切除と抗癌剤を嫌って、病理学見地から納得しこの療法に集中した
2000年正月には膿が出きって以後イキイキの日々を送っている。毎年の精密検査でいまだ癌の兆候なし、以前から医者に注意されていた低い総蛋白数値も改善され理想的な」7.2を保っている。桂寿で血液の浄化・強化、結果リンパ球の働きに支えられて仕事に支障なく多忙な毎日。メディアでは薬事法違反、詐欺などの文言が踊り足立氏の人格を毀損する言葉が見られるが告訴した人より実際に完治、改善している人々は何倍も多い筈。氏は医学文献の研究、と野草への造詣以外心身を他に向けることもなく、商売は極めて下手、愛想は悪い、が自分の研究結果が自分に効いたので伝承的に会員に伝えられたと思う私もその一人
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/30(土) 18:18:53 |
  4. 澤田敏子 #DgsCfkbg
  5. [ 編集]

・・・

何で逮捕?悪いことはしていないと思う。
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/30(土) 21:29:18 |
  4. ・・・ #/WmAVJZg
  5. [ 編集]

うん

別に、治らないとか、悪いことをしてるとか私は言ってませんね?
簡単に言えば
「現在のガン治療と貼りっ子の治療を比較して、5年後の生存率はどちらが高いのか」確率の問題と、
「貼りっ子は可ならば、クロレラやクエン酸などのその他の健食も可なのか?」システムの問題です。
 ガン治療はそれこそ人類の夢なのですから、貼りっ子のガン治療は何人し、5年後にもまだ生存している人数を割った数字を出せば、自分の体験談だけよりももっと真実味が増すことはわかりますよね。
 では、貼りっ子はそのまま販売を続けます。ですが、健食は他にもガンに効くと言われているものがたくさんありますね。それらなども販売を継続させ、粗悪品が大量に出回り、ガン患者の生存率が下がったら誰のせい?もちろん、それを認めた国のせいになりますね。当然そんな責任を国だって取りたくありませんから、ルールを定め、それを違反したものは取り締まりますよね。
 つまり、われわれ一般の人間、及び国や行官を説得できるのは臨床などの数字になるんですよ。
  1. 2005/<%
  2. URL |
  3. comment_month>/04(水) 22:54:11 |
  4. 次没食子酸 ビスマス #-
  5. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dextromethorphan.blog6.fc2.com/tb.php/40-b310e0f6
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

健康覚書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。