FC2ブログ

健康覚書

健康覚書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

マールブルグ病

アンゴラでマールブルグ病流行、患者132人中127人が死亡--WHO発表

世界保健機関(WHO)は3月31日、3月30日時点で、アンゴラで流行しているマールブルグ病の患者132人が確認され、そのうち127人が死亡したと発表した。これまでに記録されたマールブルグ病流行の中で、最悪の死亡患者数だという。なお、患者の中には医療関係者12人が含まれている。
 アンゴラからWHOに第1報が入ったのは3月17日。2005年1月から3月15日の間に急性出血熱症状群が疑われる39人の死亡患者があったことが、アンゴラ北部ウィジェ州からWHOに報告された。


いたたたたた、医療関係者12人死亡ですか。

マールブルグ病 国立感染研究所
kansen_01s.gif

1967年8月西ドイツ(当時)のマールブルグ(Marburg )とフランクフルト、およびユーゴスラビアのベオグラードでポリオワクチン製造および実験用としてウガンダから輸入されたアフリカミドリザルの解剖を行ったり、腎や血液に接触した研究職員、および片づけを行った人など合わせて25 名に突如熱性疾患が発生し、7名が死亡した。その後、アフリカのケニア、ジンバブエ、ザイール(現コンゴ民主共和国)などで発生し、いずれも1~2名で死者も出ているが、エボラ出血熱のように一度に多数の感染者・死者を出した例はない。


今までなかったからといって、以後も無いとは限りませんな。
ちなみにマールブルグ病は1 類感染症ですので、エボラと同じく完全隔離ですよん。

スポンサーサイト
  1. 2005/04/05(火) 00:26:31|
  2. 病気|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<塩ごときで | ホーム | 臭化水素酸デキストロメトルファン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dextromethorphan.blog6.fc2.com/tb.php/11-051e4715

マールブルグ出血熱 (続報)

前回の記事被害が拡大しています。今までの被害が小さかったので油断していたんでしょうか。アンゴラで致死率9割の感染症、半年間で死者180人WHOは「何種類かの出血熱のうち、マールブルグは最も致死率が高く、エボラよりも深刻だ」との見方を示し、緊急対策として国
  1. 2005/04/10(日) 00:09:48 |
  2. 薬と病気と健康と
06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

健康覚書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。