FC2ブログ

健康覚書

健康覚書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本脳炎の奨励中止

日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて 厚生労働省
日本脳炎 予防接種中止 朝日

問題となった中学生は昨年7月、日本脳炎のワクチン接種を受け、11日後にめまいや頭痛を発症。脊髄(せきずい)を中心とする中枢神経に炎症が起きる「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」と診断され、人工呼吸器をつけるほどの重体に陥った。


と、言うわけで積極的な摂取は出来なくなりましたが、出来なくなったわけではありません。

Q 組織培養法による日本脳炎のワクチンが承認されるまで、日本脳炎の予防接種は受けられないのでしょうか?
A 日本脳炎の流行地域へ渡航する者、蚊に刺されやすい環境にある者など、日本脳炎に感染するおそれが高い場合などで、本人又は保護者が特に希望する場合には、今回の措置と日本脳炎ワクチンの効果及副作用を医師から説明を受け、同意書に署名した上で現行の日本脳炎ワクチンの接種を受けることは差し支えありません。
Q 東南アジア諸国等日本脳炎の汚染地域に旅行する場合は、予防接種を受けるべきですか?
A 日本脳炎の流行地域(朝鮮半島、台湾、中国、ベトナムなど)へ渡航するなど、日本脳炎に感染するおそれが高い場合には、今回の措置並びに日本脳炎ワクチンの効果及副作用を医師から説明を受け、同意書に署名した上で現行の日本脳炎ワクチンの接種を行うことは差し支えありません。
 日本脳炎ワクチンの接種は海外渡航の際に義務付けられてはいませんが、状況によっては勧奨している国もあります。最寄りの検疫所や医療機関でよく相談の上自らの判断を行ってください。


あと、将来的にはより安全な予防接種も可能ですので、日本脳炎大流行の可能性は薄いようです。

Q  ADEM(アデム、急性散在性脳脊髄炎)とは、どのような病気ですか?
A7  ある種のウイルスの感染後あるいはワクチン接種後に、稀に発生する脳神経系の病気です。ワクチン接種後の場合は、通常接種後数日から2週間程度で発熱、頭痛、けいれん、運動障害等の症状があらわれます。
  現在の日本脳炎ワクチンは、製造の過程で微量ながらマウスの脳組織成分が混入する可能性があり、この成分によってADEMが起こる可能性が否定できないとされています。
Q 組織培養法による新しい日本脳炎ワクチンは、よりリスクが低いものと期待されているそうですが、本当なのですか?
A 組織培養法によるワクチンとは、試験管内で培養したヒトや動物の組織・細胞でウイルスを増殖させるため、不純物が混入する可能性は低く、リスクはより低いものと考えられています。
Q1 5 新しい日本脳炎ワクチン(細胞培養ワクチン)ではADEMは発生しないのでしょうか?
A1 5 組織培養法によるワクチンとは、試験管内で培養したヒトや動物の組織・細胞でウイルスを増殖させるため、理論的には接種後のマウス脳成分による問題が起こる可能性はなくなります。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 01:39:58|
  2. 健康|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バイアグラと視覚障害(因果関係不明)

バイアグラ服用者、視覚障害報告43件 米FDA 朝日

 米食品医薬品局(FDA)スポークスマンは27日、米医薬品大手ファイザーのバイアグラなど性的不能治療薬を服用した男性が視覚障害を起こしたとの報告を合計43件受けたことを明らかにした。FDAによると、性的不能治療薬と視覚障害の因果関係は不明で、現在医師などからの報告の内容を検討している

  1. 2005/05/31(火) 01:25:21|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

献血量2.6%減(予定)

献血禁止は6月1日から、80―96年の英国滞在者対象 日経

 厚生労働省の血液事業部会運営委員会は30日、変異型のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)対策として、1980―96年に英国に1日以上滞在した人の献血禁止措置を6月1日から始めることを決めた。
 血液対策課によると、30日現在の赤血球の在庫量は適正量の203%と安定している。海外渡航者が多い東京都は今回の措置により、献血量が5.7%程度減る見通しで、同課は地域ごとの在庫量の推移を監視し、不足時は警報を出すなど危機管理体制を敷く


と、予定通りに英国滞在者は献血禁止になりました。血の安全性を高める為の防衛策ですので、申し訳ありませんがご理解のほどよろしくお願いします。
  1. 2005/05/31(火) 01:23:07|
  2. 健康|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

進行したものには効きませんが、予防・初期のものにはいいんですよ!とか言い出しそうですな

サメ軟骨:進行がんの延命効果、みられず--米国で臨床試験 毎日

生存率に差はなく、患者本人が評価する生活の質についても統計的に差はなかった。試験の継続期間は最長1年2カ月だが、胃腸の不調を訴えるなどして約1カ月で患者の半数近くが脱落。このためグループは研究に限界があることも認めている。
 サメ軟骨は「サメががんになりにくいのは体内の軟骨成分のため」との説が90年代初めごろ注目されたといわれる。本格的な臨床試験は少なく、人への効果ははっきりしていない。


 軟骨ですので、関節痛のお客さんがよく買いにこられますが、確かに昔、ガンを抑えるとして一時期注目されましたね。
  1. 2005/05/31(火) 01:15:43|
  2. 病気|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

運動でガン患者の生存率が上がるのは喜ばしい

週に3~5時間のウォーキングは乳癌患者の生存率を向上、米国の研究  日経

週に1時間以上のウォーキングに相当する運動をすれば、運動しない場合に比べ乳癌死のリスクは減少し、最大の利益が得られる3~5時間/週のウォーキングでは死亡率は半減することが明らかになった。


適度な運動と適正体重の維持が健康だけでなく、ガン生存率も上げる。
  1. 2005/05/31(火) 01:04:35|
  2. 病気|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Search

Links

健康覚書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。